ガソリン代がダンゼンお得な「ENEOSカード」!ETCカード無料で作れるから、ドライブのお守り代わりに2枚目・3枚目のカードにぴったり!



ガソリン代を節約したいとお考えの方は、「ENEOSカード」のダンゼンお得です。カードには年会費無料が無料になるタイプや、ガソリンのキャッシュバック率が高いタイプなど、3つのタイプがあります。それぞれの使い方に合わせて、一番お得なタイプを選べる診断ツールもあるので、とてもお得です。この機会に、「ENEOSカード」の魅力や口コミ・評判などをチェックしてみましょう。



taxi.jpg



〇 ENEOSカードの特徴を簡単に教えて!

私が愛用する「ENEOSカード」の特徴は、簡単に紹介すると次の3つです。

・初年度年会費無料(1,250円 税抜き)
・ガソリン・軽油が割引になる
・ポイントについてはカードによって違う









〇 ENEOSカードのポイントシステム・還元率を教えて!

ポイント付与の方法と還元率は、カードのタイプ・利用の店舗によって違います。
※1,000ポイント=1,000円相当

◆ENEOSカードP
・ENEOSサービスステーション…1,000円につき30ポイント
(ガソリン・軽油・灯油の利用でもポイントがつきます)
・一般加盟店…1,000円につき6ポイント

◆ENEOSカードS
・ENEOSサービスステーション…1,000円につき20ポイント
(ガソリン・軽油・灯油の利用ではポイントはつきません)
・一般加盟店:1,000円につき6ポイント

◆ENEOSカードC
・ポイントはつきません。


〇 ENEOSカードのポイント使い方・有効期限は?

ポイントのご利用方法については3通りあります。

1 キャッシュバック
たまったポイントをキャッシュバックすることができ、カード利用代金と相殺されます

2 ポイント移行
たまったポイントをTポイント、JALのマイル、ANAのマイルに移行できます

3 ポイント商品交換
たまったポイントを様々な商品やカタログギフト、お食事券・商品券と交換できます

※1,000ポイント以上1,000ポイント単位で交換できます
※1,000ポイント=1,000円相当です
※ポイントの有効期間は2年間です










〇 ENEOSカード 選べる3つのタイプについて教えて!

ENEOSカードには、選べる3つのタイプがあります。それぞれの使い方に合わせ、お得な1枚を選べるのが魅力です。

サイトには、利用状況やショッピングの利用金額など、4つの数字を入力するだけでおすすめのタイプを紹介してくれる「ENEOSカード 診断ツール」があります。迷ったら、利用してみるといいですよ。


ENEOS CARD  P(ポイントタイプ)

カードを使えば使うほどポイントが貯まるのが「Pタイプ」。ENEOSサービスステーションなら 最大3%ポイント還元があり、給油はもちろん、洗車やオイル交換などでもポイントが貯まります。
本人会員は1,250円(税抜き)で初年度無料です。

ENEOSをよく使う人で、ポイント還元に魅力を感じている方はPタイプがおすすめ


ENEOS CARD  C(キャッシュバックタイプ)

毎月のカードの利用金額に応じて、ガソリン・軽油が最大7円/リットル引きになるのが「Cタイプ」です。
お買い物すればするほどガソリン代がお得になるので、毎月のガソリン代の負担が大きいと感じている方におすすめです。

本人会員は1,250円(税抜き)で初年度無料です。


ENEOS CARD  S(スタンダード)

年1回のカードご利用で年会費無料になるのが「Sタイプ」。
さらに、ガソリン・軽油はいつでも2円/リットル引きなので、ガソリン代の節約にもなります。
ガソリン代の出費が少ないけど、年会費無料でカードを作り、さらに、年会費無料でETCカードを作りたい方はSタイプがおすすめです。



〇 ENEOSカードにはロードサービスはもある

ドライブ中にもしものトラブルがあっても、電話1本でかけつけてくれます。しかも、「365日・24時間受付」なのでの安心です。

内容は、自動車保険についているロードサービスと重複しますが、「すでに自動車保険のロードサービスを何度か利用しているため、一部のサービスが有料になっている…」という方や、レンタカー運転時のトラブルに使いたいという方は利用する価値ありです!


ENEOSロードサービス
・レッカー車による移動が10キロメートルまで無料
・自力走行不能時の30分程度の現場軽作業サービス


※自力走行不能時の現場軽作業サービスとは

日本国内の現場(自宅駐車場を含む)にて30分以内で実施可能な次の軽作業サービス
・キー閉じ込み時の開錠サービス(車内にキーがある)
・バッテリー上がり時のジャンピングサービス(ケーブルを接続してエンジンを スタートさせる作業)
・パンク時のスペアタイヤ交換による応急措置サービス
・ガス欠時の給油サービス(ガソリン代、軽油代は会員負担)
・落輪している車両の引上サービス(落差 1m以内でタイヤ 1 本のみ)
・その他、30分以内の現場対応が可能な軽作業



※年間で利用が3回目以降となるときは、出動費用の実費負担があります
※サービス提供前に運転免許証とENEOSカードの提示が必要です
※一部有料となるサービスがあります
※対象車両は車両総重量3t未満の自家用4輪車です



まとめ

ポイント還元率を考えると、「ENEOSカード」よりも有利なカードはあります。また、カードのタイプによってポイント還元率が違うので、使い方に合わせてカードを選ばないとお得になりません。

一方、ENEOSカードには、「無料のロードサービスがある…」「ガソリン代が安くなる…」「ETCカードを無料で作れる…」などのメリットがあります。

ネットの口コミ情報や評判などを見ると、ガソリン代を節約したいと考えている方からの評価が高いので、運転する機会の多い方は、ドライブのお守り代わりに2枚目・3枚目のカードとして作っておくといいでしょう。


ENEOSカード














PR








posted by オフィス ISC at 18:48 | Comment(0) | ENEOSカード