あなたはゴールドカード派? それとも一般カード派?


会社でバリバリ仕事をしている人は、後輩や部下と食事をする機会が増えるもの。支払いの場で、さっとゴールドカードを差し出して、サクッと支払いを済ませると恰好いいですよね。そんなステータスを感じさせるのがゴールドカードです。一方、年会費無料、ポイント還元率が魅力なのが一般カードです。こだわりがなければ、とってもお得に使い倒せます。あなたはゴールドカード派ですか?それとも、それとも一般カード派ですか?


PC.jpg


あなたはゴールドカード派?


■出張や海外旅行が多い方は保険やラウンジサービスをチェック


ゴールドカードの付帯サービスで充実しているのは、旅行や出張の際に受けるサービです。

○旅行傷害保険
一般のクレジットカードにも旅行傷害保険が付帯していますが、ゴールドカードの補償額は多いのが魅力です。また、「海外旅行だけでなく国内旅行の補償も手厚い」「自動付帯なので海外出張でも補償してもらえる」など、のメリットがあります。

旅行や出張に出かけるたびに旅行傷害保険へ加入することを考えれば、それなりの年会費を支払っても、旅行傷害保険が充実しているゴールドカードのほうがお得なのです。


利用付帯…旅行代金をお持ちのクレジットカードで決済した場合だけ補償対象になる
自動付帯…旅行代金をお持ちのクレジットカードで支払っていなくても補償の対象になる

そのため、自動付帯なら、会社が旅行代金を支払った海外出張、会社の慰安旅行も補償対象になります



○空港ラウンジサービス
ゴールドカードの多くが「空港ラウンジの無料サービス」がついています。空港ラウンジではソフトドリンクの無料サービスや、テレビや雑誌、新聞などがあり、飛行機の出発前や到着後にゆっくりくとくつろげます。

ただし、世界中全ての空港でラウンジが利用できるわけではありません。ゴールドカードを選ぶ場合には、最寄りの空港やよく利用される空港のラウンジサービスが使えるのか、チェックしておくといいでしょう。

また、海外旅行や出張が多い方は、「プライオリティ・パス」が付帯しているゴールドカードを選ぶといいですよ。

※プライオリティ・パスは「プライオリティ パス」という会社が運営する世界最大の空港ラウンジプログラムで、会員は世界の400都市にある850か所以上の空港ラウンジを無料、もしくは割引で利用できます。



○そのほかのサービスも充実
ゴールドカードには、ホテルやレストランの予約、各種チケットの手配などをしてくれる「デスクサービス」といった便利なサービスや、手荷物の無料宅配サービス、ホテルやレストランの割引サービスなども充実しています。

ライフスタイルにあったゴールドカードを選べば、年会費以上の満足感が得られるはずです。


■ステータスを求めるなら基準をチェック

「限られた人しか持てないカードを選びたい…」とお考えの方は、年齢や年収などの基準が厳しいゴールドカードを選ぶといいでしょう。審査が厳しいゴールドカードは選ばれた人しか持てないので、それにふさわしいステータスを提供してくれます。



PR







あなたは一般カード派?

■一般のクレジットカードも選択肢に

一般のクレジットカードにも付帯サービスが充実しているカードやポイント還元率が高いカード、年会費無料のカードなどがあります。

旅行へ出かける機会が少ない方や年会費の出費を抑えたいとお考えの方、ステータスにこだわらないという方などは、一般のクレジットカードも選択肢に含めるといいかもしれませんね。

ちなみに、私がチェックするのは個人賠償責任保険です。旅行に行くことはまれですが、日常生活のリスクは結構身近です。個人賠償責任保険に入っているといろいろ安心なので、カード選びではチェックしています。


■個人賠償責任保険もついてる一般カードもある

日常生活の中で他人に対してケガをさせたり、人のモノを壊してしまったりして法律上の損害賠償義務を負った場合のリスクをカバーしてくれるのが個人賠償責任保険です。

補償範囲は広く、例えば、自転車に乗っているとき、歩行者と接触してけがをさせてしまった場合でも個人賠償責任保険があれば補償してくれます。

そのほかでは、

・洗濯機の排水ホースが外れて階下に水漏れ被害が出てしまった
・飼い犬が散歩中に通りがかった人に噛みついてケガをさせた
・百貨店で買い物中、誤って商品を落として壊してしまった
・スキーをしていて人にケガをさせてしまった
・子どもが野球をしていて隣の家の窓ガラスを割ってしまった


個人賠償責任保険は火災保険や自動車保険の特約で加入することもできますが、保険料は数千円が必要です。年会費を支払っても、個人賠償責任保険がある一般カードに加入したほうがお得です。



PR












posted by オフィス ISC at 17:30 | Comment(0) | クレジットカード